住宅ローン.net > リフォームローンの種類

リフォームローンの種類

リフォームローンとは

リフォームローンは、本人または親族の居住用住宅の増改築や改装資金を使途とした融資です。 キッチンや浴室、トイレ等のリフォーム資金から、屋根や外壁の塗り替え、専有部分のリノベーション等の資金まで、幅広く対応しています。

無担保ローンと有担保ローン

リフォームローンには、対象となる不動産に対して抵当権を設定する『有担保型』と、抵当権を設定しない『無担保型』があります。
都市銀行のHPを見てみますと、みずほ銀行と三井住友銀行が原則不要、三菱東京UFJ銀行とりそな銀行は不要と記載されています。

『無担保型』リフォームローンは、資金使途に“本人または親族の居住用住宅の増改築や改装資金”とあり、住宅ローンと同種と思われがちですが、ローンの種類としては『フリーローン』と同列に扱われており、HP上でも『教育ローン』や『オートローン』と同じカテゴリに掲載している金融機関もあります。
無担保で保証料がなく(金利に含まれる内枠方式)、団体信用生命保険にも加入できますので、500万円までのリフォームでしたら、使い勝手が良さそうですが、当然のことながら、既存の住宅ローンの残債がある場合は、毎月の返済額が増えますので、注意してください。

りそな銀行はリフォームローンとは別に大型リフォームローンという、りそな銀行で住宅ローンを10年以上利用し、遅滞なく返済している方、または、過去に利用し既に返済が終わり、りそな銀行の預金口座を保有している方を対象とした、最高3,000万円まで融資するという商品があり、このリフォームローンには、『有担保ローン』と『無担保ローン』があります。
※りそな銀行大型リフォームローンの無担保型は最高2,000万円までです。

担保の有無や融資金額の上限以外に『無担保型ローン』と『有担保ローン』の違いはなんでしょう。
銀行の窓口で違いを聞いてみたところ、『無担保ローン』はキッチンや浴室、トイレのリフォームといった500万円程で可能な小口案件を対象としており、『有担保ローン』は増築や改装等の大口案件を対象としているようです。

『有担保型』リフォームローンの対象となるような大口のリフォームについては、場合によっては住宅ローンを利用することも可能とのことですので、どのみち抵当権が設定されるようであれば、金利の低い住宅ローンを利用したほうが有利ですね。
但し、購入時の住宅ローンに残債がある場合、リフォームに利用する住宅ローンの抵当権は後順位となりますので、新規の金融機関では断られる可能性があります。
その場合は、まず既存の住宅ローンを利用している金融機関に問い合わせることをお勧めします。

今すぐお問い合わせ