住宅ローン.net > 居住中リフォーム

居住中リフォーム

居住中の建物をリフォームする

現在のお住まいを、ローンを利用してリフォームをされる場合、リフォームの規模によって利用するローンが変わってきます。

キッチンや浴室、トイレの交換といった部分的なもので、およそ500万円以下で済むリフォームであれば『無担保のリフォームローン』で可能ですし、間取りの変更や設備の一新等500万円を超えてしまうような大規模なリフォームであれば、スーパーリフォームローン(無担保・有担保)を利用することになります。

▽民間金融機関のリフォームローンの比較へ▽

また、現在のお住まいをローンで購入され、リフォームする時点で残債がある場合は、まずはその金融機関に相談することが賢明です。特に有担保のリフォームローンについては、既存の住宅ローンに対して後順位の抵当権となりますので、新規の金融機関ですと嫌がられることがあります。
また、既存の金融機関だと、返済の実績を評価してもらえますので、実績によっては金利の優遇を受けられることがあります。

既存の住宅ローンがある方は、さらにリフォームローンを利用すると、毎月の返済額が増えますので、事前の資金計画は必須です。

今すぐお問い合わせ