住宅ローン.net > 団体信用生命保険

団体信用生命保険

民間金融機関とフラット35それぞれの団信

団体信用生命保険とは、保険契約者並びに保険受取人が銀行となる生命保険で、加入者(住宅ローン申込者本人)が死亡または所定の高度障害状態となった場合に、以後の住宅ローンの債務返済が不要となる生命保険です。

民間の金融機関の団信

民間の金融機関では、団体信用生命保険(団信)の加入が条件となり、団信の加入条件を満たさないと、住宅ローンの融資を受けられません。保険料の支払はなく、住宅ローン本申込みの際に併せて申込みを行ないます。

がん・急性心筋梗塞・脳卒中に罹患し、所定の状態になった場合にも保険の対象となる三大疾病特約付の団信もありますが、こちらの特約を付保する場合は、金利に0.3%上乗せされることがあります。

中途加入や、途中で三大疾病特約付に切り替えることはできませんので、借入前に充分な検討が必要です。

フラット35の団信

フラット35では団信の加入は任意です。しかし、万一の場合に備えて、団信には必ず加入することをお勧めします。

保険料は特約料と呼ばれ、年払いになります。特約料の払い込みが滞った場合は脱退とされ、再加入や復活はできませんので、要注意です。また、生命保険料控除の対象外となります。

夫婦どちらかが死亡・高度障害状態になられた場合に、持分にかかわらず債務返済が不要となる『デュエット』がありますが、特約料が通常の約1.55倍になります。

今すぐお問い合わせ