住宅ローン.net > 住宅ローンの審査

住宅ローンの審査

住宅ローンの審査とは

住宅ローンを利用する際には各金融機関ごとに、実際に返済する力があるかどうかを判定されます。一般的には民間ローンの審査は条件が厳しく、公的ローンは比較的通りやすい、と言われています。また、モーゲージバンクの中には、勤続年数の少ない方や、自営業の方、派遣・契約社員の方など、これまでの民間ローンの審査では条件的に厳しくても、独自の審査を行い融資が行われるものもあります。

いずれの金融機関にとっても住宅ローンは融資額が大きいので、審査は慎重に行われます。住宅ローンを利用する側としては、借入可能額によって、物件選択の幅は変わってきますので、せっかく申し込みをしたのに審査が通らない、ということがないように、基本をおさえておきましょう。

住宅ローン審査のポイント

1.収入と返済のバランス
金融機関が定める年収の最低ラインに達しているかどうか、また収入が安定しているかをチェックされます。
2.職業(勤務先)
職業や勤務先の業績などがチェックされます。職業、勤務先によっては融資を受けるのが難しくなる場合があります。また、自営である場合は民間企業に比べて条件は更に厳しくなります。
3.勤続年数
勤続年数がチェックされます。年数が短いと、高リスクと判断される場合もあります。
フラット35は前年度の年収で判断されるため、勤続年数は問われません。
4.現在および過去のローン利用状況
住宅ローン以外 (車のローン・カードローンなど) のローン利用状況をチェックします。現在のローン利用残高が多かったり、過去に支払いが遅れた場合などは、融資を受けるのが難しい場合があります。
5.購入物件の担保評価
金融機関や保証会社は、購入物件に対して第一順位の抵当権を設定します。
万が一の場合に、物件をもって弁済に充ててもらうためです。そのため物件の担保評価も審査上重要な要素となります

【参考・フラット35の審査のポイント】

フラット35では一定の「住宅の品質」が必要になります。融資実行の条件として、住宅購入の手続き時に、検査機関に申請し、全ての検査に合格した上で「適合証明書」の交付を受けなくてはなりません。言い換えると、フラット35の利用対象になっている住宅は、一定以上の品質が保証されているということになります。

また、前年度の年収で審査が行なわれるため、勤続年数が短い方や、会社経営者の方にはお勧めです。

今すぐお問い合わせ