住宅ローン.net > 住宅ローン借入までの流れ

住宅ローン借入までの流れ

住宅ローンの申込みから融資実行までの流れを順を追って説明します。

購入を予定する物件を決める

住宅ローンの審査では、ご本人の内容と共に、購入予定物件の担保評価も重要な要素となります。購入予定物件が決まらないと、申込みを受け付けてもらえなかったり、仮に受け付けられたとしても、それは正確な審査とはいえません。

住宅ローンの申込みをする前に、まずは、購入する物件を決めることが肝要です。

事前審査の申込み

物件が決まったら、事前審査の申込みをします。
事前審査では、購入予定物件の担保とご本人の内容を審査します。給与所得者、法人代表者、個人事業主それぞれ必要書類が異なります。
極力一回の手間で済ませられるように、予めチェックしておきましょう。
以下は、給与所得者(サラリーマン)が大手都銀で一般的に求められる資料です。

金融機関によっては、別に追加資料が求められる事がありますので、事前にご確認下さい。

【給与所得者(サラリーマン)】
事前審査申込書 各金融機関指定の申込書に記入します。
インターネットで申込みができる金融機関もあります。
源泉徴収票 前年度、前々年度分
※金融機関によっては3期分必要な場合もあります。
確定申告書 前年度、前々年度分(付表も全て:税務署受付印のあるもの)
※源泉徴収票か確定申告書のどちらかになります。
本人確認資料 運転免許証、保険証など
既存の借入がある方は
返済予定表
住宅ローン以外 (車のローン・カードローンなど) のローンの返済予定表
不動産所得がある方は
その謄本と賃貸借契約書
不動産所得の元となっている不動産の謄本と、入居者と締結した賃貸借契約書です。
職歴書 勤続3年未満の方は、職歴書の提出を求められることがあります。
売買契約書
重要事項説明書
本審査申込みの際の提出でも良い金融機関もあります。
購入物件資料 謄本、公図など

事前審査の承認

事前審査の申込みをしてから、早くて3日程度、遅くても1週間程で、銀行から結果の連絡があります。

承認された方は、本審査の申込みとなります。

本審査の申込み

金融機関によっては、別に追加資料が求められる事がありますので、事前にご確認下さい。

本審査申込書 各金融機関指定の申込書に記入します。
団体信用生命保険加入申込書 信用保証会社付の住宅ローンの場合、団体信用生命保険に加入します。
本審査の際に、申込書と告知書の提出を求められます。
住民票 取得日から3ヶ月以内の住民票2通(本籍省略したもの)
印鑑証明書 取得日から3ヶ月以内の印鑑証明書2通
課税証明書または
住民税決定通知書
確定申告をされている方は、納税証明書その1、その2

本審査の承認

本審査の承認が得られたら、後は銀行とのローン契約(金銭消費貸借契約)の締結となります。

金銭消費貸借契約

銀行との住宅ローン借入についての契約書の締結です。

一般的に引渡日(住宅ローン実行日)の3?5日前までの銀行営業日に行ないます。

住宅ローンの実行

引渡日(住宅ローン実行日)に、金銭消費貸借契約に基づいた金額(実際は、銀行への手数料や保証料が差し引かれた金額)が振込まれます。

今すぐお問い合わせ