住宅ローン.net > フラット35とは?

フラット35とは?

フラット35の特徴

フラット35という名前の住宅ローン商品は、都市銀行をはじめ、地方銀行、その他の様々な金融機関で扱われています。前年度の年収で判断されることや、8,000万円を上限に購入価額の100%の融資が受けられること、保証料や繰上げ返済手数料が無料といった、様々な工夫が施され、利便性が向上しています。

35年の長期固定のため、返済計画が立てやすく、金利上昇局面においては変動リスクを受けにくいといったメリットがありますが、反面金利下降局面においては、高水準の金利で借り続けなければならないといったリスクも考慮しておく必要があります。
対象物件も、適合証明の交付が可能な物件となり、範囲が狭まりますが、ご本人については前年度収入に対しての返済比率で審査されるため、会社経営者(役員を含む)や転職されたばかりの方等にはお勧めできます。
※窓口となる金融機関によっては、会社経営者(役員を含む)は決算書等の提出を求められることがあります。

フラット35と自行の住宅ローンを組み合わせた住宅ローン商品を展開している銀行もあり、変動金利とフラット35を組み合せたり、フラット35の利点(保証料無料、繰り上げ返済手数料無料)と、民間金融機関の利点(団体信用生命保険料の別途負担がない)を享受できるようにもなりました。

フラット35の借入シュミレーション

フラット35の返済比率※は前年度の年収が400万円未満の方は、30%、400万円以上の方は35%となっており、実際に金融機関は返済額がその範囲に収まっているかを重視してチェックします。
※返済比率…年収に占める年間の総返済額の割合。
フラット35で借入予定の返済額はもちろん、現在お借入中のオートローン等も含みます。

毎月の返済額を確実に把握するためにも、基準としてのフラット35の借入をシュミレーションを行い、検討中のローンにおいて、無理のない返済が可能かどうかをチェックするようにしましょう。

【例】 フラット35での借入
ご本人年収 500万円
借入金額 3,000万円
返済期間 35年
金利
(平成20年4月現在)
全期間固定2.91%
※申込み窓口の金融機関やお借入時の状況により異なります。
毎月返済額 11万3,953円
年間返済額 136万7,436円
返済比率 136万7,436円÷500万円×100=27.34%

上に挙げた例のように、年間返済額は136万7,436円なので、他に借入がない場合、年収500万円に占める返済額の割合は27.34%となり充分範囲内に収まっています。しかし、同じ収入額で、その割合が35%を超える、つまり年間返済額175万円を超える場合は借り過ぎと判断され、承認は得られません。

今すぐお問い合わせ