住宅ローン.net > 三菱東京UFJ銀行を選んだIさんの住宅ローン体験談

三菱東京UFJ銀行を選んだIさんの住宅ローン

Iさんの住宅ローン情報

借入時期 2014年6月
借入時の世帯構成 本人30歳 妻29歳 子供3歳1人
借入時の年収 700万円
頭金 300万円
その他の借入金 なし
物件価格 3000万円
借入金融機関 三菱東京UFJ銀行
借入条件 35年、2800万円、10年固定金利0.80%

三菱東京UFJ銀行を選んだ理由は

以前より、自分の口座を三菱東京UFJ銀行に持っていましたので、最も安心な銀行と思いこの銀行で住宅ローンを組みました。 また、勤務先会社での財形住宅貯蓄の優遇を受けられる銀行だったのもこちらを選んだ理由の1つです。

大手の都市銀行の住宅ローンは、比較的金利も高く、どの銀行もあまり差が無いです。 メリットといえば、大手銀行なので、借入の際に安心という事です。 住宅ローンは、ネットバンクの方が充実していたので、非常に迷ったのですが、自分が古くから付き合いのある三菱東京UFJ銀行にしました。 住宅ローンの金利コースが何種類か選べました。 自分は、最初の10年を固定金利0.8%に抑えてもらい、その後金利が上がっていくローンを組みました。 住宅ローンを組み始めたのが、30歳の頃だったので、まだ、生活の維持、子供の養育費などの経済的な不安があったからです。 10年後には金利が3.1%になるという予定の住宅ローンでした。 自分が40代になる頃には、住宅ローンを払える程度の収入が得られると見込んで、このような金利コースにしました。

これから借りる方へ

ローンの返済計画を慎重に練って十分考えてから、借入先の銀行を選んで下さい。 自分の選んだ三菱東京UFJの住宅ローンは、特別大きいメリットがあったわけではありませんが、大手銀行の安心感という意味では満足しています。 住宅ローンを組んでしまうと、返済中は、家計を切り詰めて、夫婦共働きでローンを返済して行かなければいけません。 マイホームを持ちたいと思っている方は、独身時代からなるべく貯蓄をしておく事をお勧めします。 頭金が多いと、後の返済が非常に楽になります。 また、返済期間は、できる限り短く設定した方が良いです。 その為にも、住宅ローンを組むのは、若ければ若い程、良いと思います。 それから、無謀な返済計画はやめましょう。 当たり前の事なのですが、意外に住宅ローンを返済できないで自宅を手放すサラリーマンがいます。 返済の計画は、妻の収入や、子供を育てる養育費なども計算の上、十分実行できる範囲の計画を立ててください。

今すぐお問い合わせ