住宅ローン.net > Cさん夫妻(共有名義)の住宅ローン

共有名義のCさんご夫妻の住宅ローン

Cさんご夫妻のプロフィール

DINKSの夫婦。各々住宅ローン控除を使いたいため、共有名義で購入。

年齢 夫32歳、妻30歳、子供なし
年収 夫 (会社員)500万円、妻 (会社員)400万円
勤続年数 夫9年、妻3年
希望物件価格 4,980万円
頭金 600万円(夫300万円、妻300万円)
諸費用 160万円
※仲介手数料無料物件で一般都市銀行を利用した場合の概算です。
※物件及びその他の条件で変動することがあります。
その他の借入金 0円

Question

28歳と26歳の共働きの夫婦です。共有名義で購入し、それぞれ住宅ローン控除を受けようと考えています。(購入希望物件は、住宅ローン控除の適用条件を満たしています。)

持分をそれぞれ2分の1にしたいので、頭金も借入金額もお互い同額にしようと考えています。

Point1:共有名義で購入し、それぞれ住宅ローンを組みたい。

【返済比率】
年収に対する、全ての借入の年間総返済額の割合を返済比率といいます。
年間総返済額に、既存の借入の年間返済額を加算し年収で割り、求めます。

(住宅ローン年間予定返済額+既存借入の年間返済額)÷年収×100
※ここでは住宅ローンの返済予定額を、試算金利3.6%で求めた毎月の返済額×12ヶ月で算出しています。金融機関により試算金利は異なります。
※個人事業者の場合、年収とは申告所得(税引き後)を指します。

民間金融機関では、この数値が35%?40%以下ですと、審査の対象となるといわれています。
フラット35では、店頭金利で計算して、年収400万円未満の方は30%以下、400万円以上の方は35%以下とされています。

Cさんご夫妻の場合
物件価額 4,980万円
諸費用 160万円※仲介手数料無料で購入した場合
自己資金 600万円(夫300万円、妻300万円)
借入額 4,540万円(夫2,270万円、妻2,270万円)

返済比率の試算金利3.6%で計算すると、
ご主人の場合は、
毎月の返済額 95,137円、年間の返済額 1,141,643円
1,141,643÷5,000,000×100=約22.83%
奥様の場合は、
毎月の返済額 95,137円、年間の返済額 1,141,643円
1,141,643÷4,000,000×100=約28.54%
どちらも返済比率の条件を満たすことになります。

Answer

それぞれの返済比率が条件を満たしていますので、購入物件の担保評価が借入希望額を上回れば、問題なく承認が得られるものと判断されます。
共有名義で購入される場合、持分割合によっては贈与税が発生することもありますので、物件価額と諸費用の合計額に対して各々の支出額(夫の自己資金+夫の借入金額:妻の自己資金+妻の借入金額)に応じて配分することになります。

C様ご夫妻のケースは『ペアローン』と呼ばれる住宅ローン商品で、金融機関との契約の際に、それぞれ印紙や事務手数料、保証料が発生し、登記の際にも、それぞれに登記費用の負担が生じることがありますので、事前に確認することをお勧めします。

住宅ローン事例集

今すぐお問い合わせ